HONNE TALK
searches for real intention

はんにゃんが聞く!
社員のホンネ

当社のマスコットキャラクター
「はんにゃん」が、入社2年目の社員2名にインタビュー。
学生時代の就職活動をふり返って、
苦労したことや、やっておけば良かったことなどを語ってもらいました。

MEMBER

  • 橋本 明希薬剤師
    武庫川女子大学 出身

    Profile

    総合職を志望し、実家の大阪を離れて博多(当時)で活動中。エレクトーンや美容、運動など多趣味で、プライベートも満喫。最近はまっているのは手相占い。

  • 黒羽 芽衣管理栄養士
    十文字学園女子大学 出身

    Profile

    食べることが大好きで、管理栄養士の道へ。就活中のリフレッシュ方法も、食べること。会社えらびの基準は、「働く人」と「ワークライフバランス」。

  • はんにゃん株式会社阪神調剤薬局
    マスコットキャラクター

    Profile

    今回のインタビューの進行役。みんなに役立つアドバイスを聞き出します!ちなみに、特技はお薬の一包化と高速錠剤バラし。大好物はツナサンド。

1病院で働くつもりだったから、
何も準備していなくて焦りました。

はんにゃん

就活が始まって、はじめにしたことって何かな?

橋本

私は何事も形から入るタイプなので、まずは就活用の写真を撮りに行きました。それも、街なかにある証明写真の機械ではなく、就活専門の写真を撮ってくれるスタジオに行ったんです。

黒羽

え、わざわざスタジオに!?

橋本

そう(笑)。そこには、プロのスタイリストさんもいて、履歴書や面接で好感を与えるメイクをしてもらったんです。当時は、太くて平行な眉毛のメイクが流行っていたんですけど、「それは良くないよ」って。より強い意思を感じさせるような眉毛の書き方まで教えてもらいました(笑)。

黒羽

平行眉、流行ってた!
おしゃれだけど、たしかに就活向きではないかもしれませんね。

はんにゃん

眉毛ひとつで、印象が変わるんだニャ。

橋本

それからは、流行りのメイクではなく、教わったメイク方法で化粧をしてから、
会社説明会や面接に行くようにしていました。

はんにゃん

黒羽さんは、何から始めたのかな?

黒羽

私は企業の合同説明会に行ったのですが、病院実習の時期とかぶっていたこともあって、あまり参加できなくて。実は私、もともと病院の管理栄養士になろうと思ってたんですよ。だから、「念のため企業も見ておこう」くらいの軽い気持ちでいました(笑)。

橋本

え、そうだったの!?

黒羽

約1ヶ月実習に行ったのですが、私に合わないなと思ったんです。
病院では厨房で調理をすることが多くて、もっと患者さんと接しながら、
栄養指導をする仕事をしたいなって。

はんにゃん

管理栄養士も、いろんな働き方があるからね。

橋本

実習を通して、本当にやりたいことが分かったんですね。

黒羽

そう。でも私は病院で働くつもりだったから、
それまで企業研究とかもほとんどしていなかったんですよね。
だから、「急いで就活しないと!」って焦ることになって…。

2エントリーシートの書き方も、
面接での話し方も、
すべて自己流。

はんにゃん

選考に向けて、どんな対策をしていったのかな?

橋本

実は私、エントリーシートの書き方も、面接での話し方も、すべて自己流なんです。特に、誰かに相談したわけでもなく、ネットで調べながら自分で考えや資料をまとめていきました。

黒羽

え〜!?それはすごい! 私は大学の就職支援課に通って、職員の方に相談しまくりました(笑)。私の長所・短所や、エントリーシートの書き方、面接で話すエピソードの内容。いつも同じ職員さんを指名して、私のアドバイザーになってもらっていましたね。

橋本

そのほうがいいと思う(笑)!今となっては、やっぱり誰かに相談したり、アドバイスをいただいたりしながら、きちんと準備したほうが良かったなって思います。伝えたいことを簡潔にまとめるって、難しいです。ちなみに、黒羽さんはどんなアドバイスをもらったんですか?ちょっと気になる。

はんにゃん

教えてほしいニャ!

黒羽

印象にのこっているのは、面接練習の時に「話す内容は簡潔にまとめて、メリハリをつけて答えなさい」と言われたことかな。私、人と話すのが好きだから、ついつい話が長くなってしまうクセがあるんです。
橋本さんは面接も自己流なんて、本番で緊張しませんでしたか?

橋本

ちょっぴりした(笑)。でも、面接の雰囲気がとても和やかで、ふだん会話をしているように、リラックスして話すことができたと思います。黒羽さんはどうだった?

黒羽

大学外での活動を聞かれたことがあったんですが、正直焦りました。大学内でのエピソードは事前に考えていたのですが、大学外のことはあまり考えていなくて。大学でのエピソードだけじゃなくて、日常生活や大学外での出来事もイメージを広げておくと良かったなと思います。

はんにゃん

それは参考になるね。

橋本

私は、将来の理想の姿を聞かれた時に、すこし詰まってしまいました。今までの経験については答えられたけど、未来のことはふわっとしてたから…。ほかに対策したことってある?

黒羽

面接までの2ヶ月間、就職支援課に通って短期集中で対策を重ねながら、情報収集に力を入れました。大学の先輩方が受けた面接の記録を調べたり、すでに面接を受けた友人から情報をもらったり。

橋本

情報収集、大事ですよね。私もほかの薬局や化粧品会社など、いろいろと調べてはみたものの、選考を受けたのは阪神調剤ホールディングのみなんです。

黒羽

1社だけ!?

3全国勤務が、
自分のステップアップになる会社。

はんにゃん

会社えらびで大事にしたポイントは何かな?

橋本

私には、やってみたいことや、理想の働き方があったので、この想いとマッチする会社で働きたいと思いました。

黒羽

やってみたいこと、理想の働き方って?

橋本

まずは全国のいろんな場所で、働きたかったんです。私は幼い頃から引っ越しが多くて、全国各地を転々としていました。でも、それが嫌ではなくて。新しい場所に行くたびに、自分がどんどんレベルアップしていく感覚があったんですね。

黒羽

なんか、かっこいい!

橋本

いやいや(笑)。だから、拠点を移すことで周りの環境に刺激を受けたり、どんどん視野が広がったりと、全国勤務が自分自身のステップアップにつながるような取り組みをしている会社に行きたいと思っていました。黒羽さんはどんなことを重視しましたか?

黒羽

私は「働く人」ですね。会社説明会に参加した時は、事業内容はもちろん、社員の方の話し方や雰囲気、社員同士のコミュニケーションなどを見るようにしていました。社員さんが話す姿や説明会の雰囲気からも、社風はにじみ出てくると思うんです。

はんにゃん

ふむふむ…

橋本

私は説明会だけではなく、薬局に足を運んだ時にも社風を感じたことがあります。私の家の近くに阪神調剤薬局があって、たまに薬をもらいに行ったんです。そこで、カウンターで薬の受け渡しをするのではなく、私のところまで薬剤師さんが来て、丁寧に説明をしてくれたのが印象にのこっています。

黒羽

ご近所さんだったんだ!

橋本

そうそう。「この薬局、いいな」って。働く薬剤師さんの雰囲気も心地良くて、昔から好感をもっていました。それに私は、薬を渡すことだけが、薬剤師の仕事ではないと思っていて。患者さんとのコミュニケーションや、薬局でのふれあいの時間も大切にしたいと考えています。その想いとマッチするのが、阪神調剤ホールディングでした。

はんにゃん

いいエピソードだニャ。

黒羽

コミュニケーションや、ふれあいの時間を大切にしたいっていう気持ち分かるなあ。
私も、健康や栄養について「伝える」仕事がしたいという気持ちが大きかったです。
あと、実はお休みの日数も参考にしてました!

橋本

それも大事!

黒羽

プライベートの時間も大切にしたかったので、休日の日数も私にとって基準の一つでしたね。お給料はその次。あと福利厚生の面では、阪神調剤ホールディングの会社説明会での、『WELBOX』の紹介が印象にのこっています。

橋本

『WELBOX』いいよね〜!

黒羽

旅行の宿泊や映画鑑賞など、いろんな場面で割引が使えますよね。これにときめいちゃったんです(笑)。実際に、同期と旅行に行く時はみんな割引になるので使っています。

橋本

私もプライベートの時間は大事にしたいタイプで、配属後は気になるごはん屋さんに行ってみたり、ジムに通ったり、手相占いを習い始めたり、いろんなことにトライし続けています。次に行く場所は、どんな景色が広がっているのか、今もとても楽しみです。

はんにゃん

みんな、プライベートも楽しそう!

4息抜きもしながら、
すこしでも興味のあることには
トライしてみて!

はんにゃん

就活中のリフレッシュ方法って何かな?

橋本

私は、バイトに行ったり、エレクトーンを弾いたりして、リフレッシュしていました。就活って行き詰まることもあるし、やる気が出ない時もある。だから、適度な息抜きも大事だと思います。

黒羽

大事ですよね。私は、息抜きしたい時は友だちと一緒にごはんに行ったり、好きなものを食べていました。食べることが大好きなので、ごはんを楽しみにがんばっていました(笑)。

はんにゃん

息抜きも就活を成功させる大事なポイントなんだにゃ。就活をふり返って、やっておけば良かったと後悔してることはあるかな?

黒羽

もっと、会社説明会に行けば良かったなと思います。実習やゼミ、国試対策と、いろんなことが重なって大変だったけど、もっといろんな会社や人と会ってみたかったです。どんなに遠くても、少しでも興味があれば、足を運べば良かったと思います。

橋本

エントリーシートも面接も、いきあたりばったりで進めてしまったから、誰かにチェックしてもらえば良かったと思います。今ふり返ると、エントリーシートももっとすっきりまとめられたなって。

はんにゃん

さいごに一言、お願いします!

黒羽

面接でのアドバイスなんですが、原稿は用意しないほうがいいと思います。原稿をきっちり書いてしまうと、思い出しながら話そうとするので、かえって話がしどろもどろになっちゃうことも。すると、自分の魅力を上手く表現できないことがあるかもしれません。伝えたい要点だけつかんでおけば、多少ことばに詰まっても大丈夫。等身大の自分で、堂々とアピールしましょう。

橋本

面接では、これまでの活動や経験だけではなく、将来の理想像をイメージしておくことも大事。私はこれから、大きな身体の不調はなくても、「風邪ぎみかな?」とか「肌荒れが気になるな」とか、ちょっとした不安や悩みをもつ人たちにも、健康へのアドバイスをできる薬剤師になりたいです。そのためにも、今は個人的に「メディカルハーブ検定」や「リンパケア検定」などを勉強中。患者さんに寄り添いながら、気軽に立ち寄ってもらえるような薬局づくりに携わっていきたいです。

PageTop