ENTRY

充実した研修を
活用しながら多様なキャリアを築ける点が魅力。

  総合職コース 2018年入社

福元 駿登

FUKUMOTO HAYATO

地域も規模も異なる複数の店舗で働いた1年目、各現場でさまざまな学びを得られ、視野も広がりました。

この会社を選んだ一番の理由は研修が充実している点でした。レジデントや専門薬剤師の認定、リクルーター、教育研修課と、薬剤師としてより多くのキャリアを積めるのが大きな魅力だと思ったのです。実際、1年目から青森、静岡、兵庫、岐阜とおよそ3カ月ごとに異なる店舗で研修させてもらい、総合病院前からクリニックの門前、在宅訪問など幅広い店舗を経験できました。同じ総合職でも他の会社では2~3年ごとに勤務地が変わる場合が多いので、I&Hはとても短いスパンです。けれど休日も同期の仲間や後輩と 趣味のスノーボードや釣りなどに出かけたり、出張先の薬局の人たちとも気軽にその土地のご飯を一緒に食べに行ったりと、転勤を重ねても人間関係を築きやすいと感じています。

拠点薬局での調剤・監査を行いながら、毎月出張も。 各店舗で積んだ経験を他の現場に活かしています。

入社3年目となる現在、基本的にはI&Hの武庫川店に勤務し、調剤・監査・投薬を行っています。兵庫医科大学の門前にあるので毎日あらゆる診療科の患者様が来局され、投薬の種類もかなり幅広いです。また総合職なので、月に1~2回のペースで出張も発生します。出張が入ると1日から、長くなると3週間ほど、他の店舗やグループ会社へ出向いて現場の業務をサポートしています。それぞれの店によって状況も客層も異なる上に、出張先では自分は常に新人。内規を確認しながら、わからないことはすぐに聞くことが大切だと、これまでの経験を通じて学びました。環境の変化に対応しながらの仕事は大変な点もありますが、全国各地のさまざまな店舗で自分が経験した事例を伝えることで、他の店舗の課題解決などにつなげられた時は、大きなやりがいを感じます。

専門薬剤師の資格取得などで専門性を磨きつつ レジデント(病院研修)にも挑戦したいです。

2年目に経験した、つがる薬局店での麻薬の服用患者様へのテレフォンフォローの経験などがきっかけとなり、麻薬やがん領域の勉強を始めました。今後はその分野をさらに追究し専門性を磨いていきたいと思っています。充実した社内研修制度やサポートを活用したり、各自のキャリアプランを実現させている先輩方に相談したりしながら専門薬剤師の資格取得を目指しています。それと同時に、さまざまな店舗やグループ会社でさらに多くの経験も積んで視野を広げ、近い将来、新たなステップへの足がかりとしてレジデント(病院研修)にも挑戦できればと考えています。
このように、勤務地においても業務内容においても、さらにキャリアプランの多様性においても自分が希望する薬剤師の道を進むことができる点が、この会社の魅力だとあらためて実感しています。